最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

外国

日本では風俗に関する法律がじわじわと厳しくなっています。
しかし、外国ではもっと無法地帯状態になっている場合もあります。
高収入アルバイトや高収入の仕事と言う事では変わりありませんが、向こうはホテヘルやデリヘルと言うように住み分けていない事が多いです。
そもそも、法律的な規制が然程無い為に、それらの規制がかかる必要がありません。

また、ラブホテルと言う文化があるのは日本と韓国だけとなっています。
海外では恥じらいと言うような文化が無い為に、ラブホテルなんか利用する意味がありません。
普通に自宅か宿泊先で行ないますから、わざわざ逢引きの場所として仕切っておく必要が一切無いのです。

タイ等へ行けば、カラオケや普通の理髪店でそのような風俗系の仕事をしている人がおりますし、何も考えないで街を歩いているだけでどこまでも追いかけてきてきわゆるキャッチをされる事もあります。
性病等に関しての意識も国によってまったく違いますから、安易な気持ちで日本以外の風俗店を利用するのは危険です。

しくみ

今では店舗内にプレイルームを持つ形の風俗店は営業が難しくなっています。
その為に、外のホテルを利用したり、利用者の自宅を使ったりするホテヘルやデリヘルが利用されています。
これは元々ヘルスと言われている風俗店がベースになっている物です。

高収入アルバイトの中でも定番だったヘルスは、今では箱ヘルと言われています。
まだ老舗の風俗店の中には、店内にプレイルームを持っているような店舗が存在しています。
しかし、今ではその殆どが淘汰され、その代わりに登場したのがデリヘルだったのです。
これはデリバリーヘルスと言う名前の風俗店であり、電話1本で女性が指定した場所まで来てくれるようになります。
しかし、このデリヘルは女性を選択できないと言うデメリットがあります。

箱ヘルとデリヘルの間のような風俗店がホテヘルです。
これはホテルを利用しているヘルスとなっており、店舗には受付と女性程度しかおりません。
受付で会計を済ませて女性を選択すれば、後はそのまま近くのホテルまで言ってプレイするだけです。
ホテル代金は全て本人持ちとなっている為に、他のヘルスよりはやや料金は安価になっている事が多いです。

今規制が強くなっている風俗業界の事情にこのホテヘルならば引っかからない為に利用者が多くなっているのです。
これまでのような営業形態で勝負出来なくなった事から、最近の風俗店は個人個人のニーズに精密に答えられるようなサービスを提示して対応しています。
最近になって生まれた風俗と言えばオナクラです。
ここでは口やキスと言うように女性からのサービスはありませんが、手を利用したり女性に自分のオナニーを見せたりと言うようなM男性や変態的な願望がある人へ向けたサービスとなっています。
また、このオナクラは働いている人も非常に若い女性が多く、自分が触られるわけでは無い為に普通の風俗店では見られないような子が揃っているのみ魅力の1つです。
今じわじわと利用者は増加してきています。

戦後

日本の風俗は戦後になると少しずつ時代を繁栄して変化してきます。
まず、前後は男性がおらず、女性ばかりなのに女性に仕事がありませんでした。
更に、米国の軍人がやりたい放題に日本人の普通に女性をレイプする被害が横行したのです。

そこで日本は女性にも働き口が見つかるように、そしてレイプ被害を減らす為に赤線地帯と言う所を作りました。
赤線地帯は国が公式に売春行為を認めていた場所となっており、今では禁止となっている売春が出来る場所だったのです。
また、この頃に初めてこれまで違法だった堕胎が場合によっては許可されるようになってきました。
戦後の混乱はこうした経済の動きによって収まっていく事になります。

そのうち高度経済成長期になり、オリンピックが日本で開催されるようになると、赤線地帯が邪魔になります。
治安が悪い事と、売春OKと言う状態を考慮して、日本は赤線地帯を無くして売春を禁止行為にします。
そして、これまで特に規制なく存在していた風俗に制限を付け出す事にしたのです。
そんな状況によって登場したのが今の風俗文化なのです。

今でも、学が無い女性がお金に不自由しないようにと高収入アルバイトとして有名です。
ホテヘルデリヘルソープと言うような現在でも利用されている風俗店が登場するのはもう少し先になります。